ソーシャルレンディング業者リスト

人気No.1?オーナーズブックがソーシャルレンディング初心者に評判の理由

オーナーズブック

ソーシャルレンディング業者の中でもトップクラスの信頼性を誇っているのが、オーナーズブックです。

オーナーズブックは不動産領域に特化したソーシャルレンディングで、間接的に不動産投資が行えるのがメリットです。また、募集案件の最低投資金額が小さく、1万円から参加できます。

利回りは低め案件が多いのですが、その信頼性・安心感からオーナーズブックの投資案件は、募集開始後すぐに完売してしまうことも多いです。

利回りの水準を考えても、J-REIT(不動産投資信託)の代替資産として考えても良いと思います。

1万円からの不動産投資が可能に

オーナーズブックの仕組み

オーナーズブックは不動産のプロフェッショナルによって立ち上げられたサービスです。

オーナーズブックを運営する「ロードスターキャピタル」は、不動産投資会社として不動産に精通している経営陣によって成り立っています。

こうしたプロの目線で優良な不動産を精査し、さらに外部の不動産評価機関にも評価を依頼し、安全な投資物件のみを紹介できる体制を整えています。

J-REITとオーナーズブックの違い

J-REIT(不動産投資信託)とオーナーズブック(クラウドファンディング)の大きな違いは2つあります。

1つめは、J-REITは「出資」での投資となりますが、オーナーズブックは「融資(ローン)」での投資となるため、万が一のトラブルがあってもローンの返済可能性が高いということです。

この点については「メザニンローン」の項目でもう少し詳しく説明します。

もう一つは、J-REITが複数の物件を保有しポートフォリオを築くのに対して、オーナーズブックの場合は特定の物件単体に投資できる部分で異なっています。

例えば、J-REITの場合、1つの銘柄を買うだけで複数の不動産物件に分散投資ができるメリットがあります。

しかし、これは言い返せば自分が良いと思えない不動産物件をポートフォリオに組み込まれる恐れがあるということです。

一方で、オーナーズブックの場合は1つの物件ごとに投資案件が組成されるため、自分が気に入った案件にのみ投資することができます。

1棟ビル・アパートの大家さんになれるということですね。

メザニンローンへの劣後融資

メザニンローン

オーナーズブックに投資する上で外せない用語に「メザニンローン」というものがあります。

オーナーズブックの投資案件には「メザニンローン」への融資案件が多いからです。

「メザニンローン」とは「劣後融資」のことを指します。メザニンローンの逆が「シニアローン(優先融資)」です。

シニアローン
返済が難しく担保売却になった場合でも、最も優先的に融資が受けられるローンの種類。通常は銀行融資が担当する分野。

メザニンローン
返済順位がシニアローンよりも劣るため、それだけ金利が高く設定される。

返済が困難になった場合は、担保を売却し、まずはシニアローンへの返済を行い、残った資金をメザニンローンの返済に回すため、担保が思い通りの金額で売れない場合、融資したお金が全額戻ってこない可能性がある。

エクイティ(出資)
ローンではなく、自己資金による出資。リターンが出れば永続的な利益が出せるものの、貸し倒れが発生した場合は出資金は戻ってこない。

シニアローン・メザニンローンよりもさらに返済が劣後する。

ソーシャルレンディングの口コミを見ていると、よく「利回りが高すぎるのはおかしい、倒産寸前の会社だからこんなに利回りが高いのだ」という声を聞きます。

もちろん、貸付先企業の信用が低くなるほど利回り(金利)は高くなるのですが、上記のようにローンの種類によっても金利は異なります。

オーナーズブックでひんぱんに募集されている「メザニンローン」は、銀行融資よりもハイリスク・ハイリターンであることは事実です。

しかし、逆に言うと物件購入額の大半はシニアローンで調達しているため、「銀行がお墨付きを付けた物件に対して出資ができる」ということもできます。

ちなみに、オーナーズブックの「借り手用ページ」を見てみると、借り手は平均して年利5.0%の金利でオーナーズブックから資金を調達できるようです。

また、「LTVは80%程度を限度として融資している」旨の記載があることからも、オーナーズブックの投資案件は十分な担保カバー率があると考えてよいと思います。

上場の可能性が高い会社

私が、オーナーズブックが非常に信頼できる会社だと考える理由のひとつに「上場の可能性」があります。

以前、日経ヴェリタスを読んでいた時にたまたま見つけたのですが、オーナーズブックを運営するロードスターキャピタルが「2017年に上場するかもしれない企業リスト」の一覧に入っていました。

ソーシャルレンディング業者はなんとなく怪しいイメージがある業者が少なくありません。しかし、オーナーズブックは以前からとてもクリーンなイメージで事業を展開していましたし、日経のこうした情報から考えても、信頼できる業者であることを改めて実感しました。

これは他のサイトなどでは出回っていない情報なのですが、日経の記事から考えてもオーナーズブックが上場を目指しており、その一歩手前まできていることは間違いないと思います。

黒字経営を実現

黒字経営

オーナーズブックを運営するロードスターキャピタルは、記事執筆時点で資本金5億円を越える企業です。

また、安定した黒字経営を実現しており、下記の業績を見る限りいつ上場してもおかしくない会社であることがわかります。

年度 2012.12 2013.12 2014.12 2015.12 2016.12
売上高 31 251 756 2,988 4,652
経常利益 1 127 201 681 680

※単位は百万円

もちろん、ソーシャルレンディング事業の「オーナーズブック」単体はまだ赤字の可能性が高いですが、今後大きな成長が期待される事業なので、問題視する必要はないと思います。

オーナーズブックの社長について

社長

社長は「岩野 達志」氏という人物で、ゴールドマン・サックスリアルティ(ゴールドマン・サックスで不動産投資を主に担当する会社)の出身です。

当時から、不動産投資やファンド運営に係る業務を行っていたことが岩野 達志氏の経歴からもわかります。

また、副社長の「森田 泰弘」氏もゴールドマン・サックスリアルティの出身であり、ロードスターキャピタルはゴールドマン・サックス出身者によって設立された不動産投資会社であることがわかります。

ロードスターキャピタルは、

  • クラウドファンディング事業(オーナーズブック)
  • コーポレートファンディング事業(自己投資)
  • 仲介コンサルティング事業
  • アセットマネジメント事業

を展開している、典型的な不動産投資会社です。

一方で、人工知能(AI)で不動産を査定する「AI-Checker」というサービスなども展開しており、先進的な技術を取り入れた投資会社であることもわかります。

オーナーズブックの注目案件

オーナーズブックの注目案件

管理人が現在注目しているオーナーズブックの投資案件を紹介します。

◆新宿区オフィスファンド
オーナーズブックの投資案件の中でも利回りが低い新宿区のオフィスビルに投資する案件です。

新宿区の物件は稼働率が高くロケーションも良いため、利回りは低いものの安全性の高い案件で、初心者にもおすすめです。

オーナーズブックでは、案件ごとに「物件リスク分析」や「財務構造」などを明確に説明しており、透明性の高い情報開示が徹底されています。

管理人の評価

管理人の評価

個人的には非常におすすめしたいソーシャルレンディング業者だと考えています。

オーナーズブックは以前から、利回りは高くないものの投資案件に対する説明がしっかりしており、透明性の高い業者として評判です。

また、サイトが使いやすいため自分が投資している案件の把握が行いやすいのもメリットです。

姉妹サイトの「くらべるレンディング」では、オーナーズブックの投資案件についての分析レポートや評価を行っています。合わせてご覧ください。

オーナーズブック
現在の募集案件はこちら

Feedlyで購読 くらべるレンディング