国内不動産

不動産担保付きローンファンド605号(案件1:C社、案件2:AN社)

達成率:71% 113人が応募
利回り 4.6〜5%
運用期間 12ヶ月
募集額 3,005万円
出資額 50,000円 〜
募集期間 募集終了
担保 あり
保証 なし

アナリストによる評価レポート

この案件の気になる点ですが、借り入れ目的が仕入れ資金ですから、金額的に新たな不動産購入の資金に使われるはずです。しかし購入する不動産が明らかでなく、わかっているのは根抵当が付く売却する気が無い不動産だけです。不動産購入なら、ある程度決まってから借り入れないと金利負担がもったいないから、急いで借りるはずも無く、その点が不可解です。

購入する不動産が明らかでないのは、購入する不動産は、他の金融機関からすでに抵当権が付いていて、もう担保余力が無くて担保価値が無いから、説明していないかもしれません。それならネガティブなイメージを恐れてmaneo が公表しないだけかもしれません。この場合他の金融機関は不動産事業者Fが保有する不動産に抵当権を付けない理由が気になりますが、担保価値的に新たに購入する不動産の方が高いから、そちらに付けたと思われます。

不動産事業者Fの保有不動産に根抵当の理由ですが、これは借り換えをするからでして、maneo への返済は借り換えで行う可能性が高いです。これからでも他の金融機関から借りていて返済が厳しい状態だと分かります。ここまでの推理で行くと仕入れ資金というよりも他の金融機関への返済資金という可能性も高く、この点も怪しく感じます。

ただ保有不動産に第一順位の根抵当権を付けられるほど、不動産が汚れていないなら、業績もそれなりによく事業者C も自己資金4千万円を貸し出しているから、安全度は高いでしょう。

評価ですが、担当がイシコさんだから大丈夫でしょうということで5にしました。

 

関連案件

アナリストの評価

  • 総合評価(総合的な評価)5.0
  • 信用リスク評価(貸付先の評価)5.0
  • 安全度評価(担保・保証の評価)3.0

AIによるスコアリング

  • 総合評価(総合的な評価)5.0
  • 信用リスク評価(貸付先の評価)5.0
  • 安全度評価(担保・保証の評価)3.6

みんなの評価

この案件の投資判断は?

ソーシャルレンディング業界の老舗。GMOクリック証券と提携しており、信頼もトップクラス。業界をリードする存在。

このプロジェクトにコメントする

コメント数:0件

まだコメントがありません。

新着コメント一覧

絞り込み検索

運営会社
リセット
利回り
運用期間

100名以上が応募

終了間近の案件

ソーシャルレンディングの教科書

不具合を報告


ページトップヘ