国内不動産

【5/30募集】第259号ローンファンド Lucky Bank 90億円突破記念

達成率:100%
利回り 8.00%
運用期間 19ヶ月
募集額 3,701万円
出資額 80,000円 〜
募集期間 募集終了
担保 あり
保証 あり

アナリストによる評価レポート

ラッキーバンクが累計調達金額90億円に到達したことを記念して組成された案件です。

「第259号ローンファンド Lucky Bank 90億円突破記念」の募集金額は3,701万円なのですが、

・神奈川県藤沢市の区分宿泊施設(3,700万円)
・東京都中央区の一棟オフィスビル(1万円)

という振り分けですので、実質的には神奈川県の宿泊施設を担保とした投資案件となります。

宿泊施設の区分を担保にするというのは、不動産投資の観点からみても相当めずらしいです。(民泊とかかなと勝手に想像しています。そもそも、区分宿泊施設という言葉自体が一般的ではない)

ラッキーバンクにも、当物件の周辺環境として「鎌倉と並ぶ湘南エリアの観光地であり、近年では外国人観光客に認知が広まりつつあります。」と記載があります。

今回の担保物件の評価額は3億4,000万円です。

区分宿泊施設(つまり宿泊施設の一室)の評価額が3億4,000万円というのはありえないので、おそらく宿泊施設(一棟)の間違いかと。

ラッキーバンクでは、本物件に第一順位の根抵当権を設定し、極度額を3億2,300万円に設定しています。

担保を設定した上で、ファンド毎に3,700万円ずつ募集をスタートしており、今回の案件はその4回目の募集となります。

担保カバー率と抵当権の順位を考えれば、デフォルトの可能性は考えにくいボーナス案件なのです。

ただ、「区分宿泊施設」という意味がどういったものを指しているのかよくわからないので、その点は要確認ですね。

関連案件

アナリストの評価

  • 総合評価(総合的な評価)4.5
  • 信用リスク評価(貸付先の評価)4.0
  • 安全度評価(担保・保証の評価)5.0

AIによるスコアリング

  • 総合評価(総合的な評価)4.3
  • 信用リスク評価(貸付先の評価)4.1
  • 安全度評価(担保・保証の評価)4.9

みんなの評価

この案件の投資判断は?

すべてのプロジェクトが不動産担保付きで安心の業者。高利回りの不動産プロジェクトが多いのが特徴。

このプロジェクトにコメントする

コメント数:0件

まだコメントがありません。

新着コメント一覧

絞り込み検索

運営会社
リセット
利回り
運用期間

100名以上が応募

終了間近の案件

ソーシャルレンディングの教科書

不具合を報告


ページトップヘ