国内事業者支援

【担保付】さくら北海道セレクトファンド6号

達成率:100% 20人が応募
利回り 5.00〜6.50%
運用期間 11ヶ月
募集額 305万円
出資額 20,000円 〜
募集期間 募集終了
担保 あり
保証 あり

アナリストによる評価レポート

1案件の募集額としては非常に少ない、募集額305万円の案件となります。

今回の直接的な貸付先は事業者Bですが、最終貸付先は事業者Rです。

事業者Rは、北海道札幌市で売掛債権買取事業者を営んでいる会社です。

いわゆる「ファクタリング業者」と呼ばれる会社で、診療報酬の債権買取を行っています。

病院や介護事業者などは、顧客が支払う診療報酬が売上となりますが、顧客がその場で支払うのは健康保険で知られる「3割負担」のみとなり、売上の残り「7割」は、国に申請を出して後日回収することになります。

診療報酬を国に申請してから払込が行われるまでにはタイムラグがあるため、この間の資金繰りは苦しくなります。

そこで、未回収の報酬を事業者Rのようなファクタリング業者(売掛債権買取業者)に売却し、即金を手に入れることで資金繰りを改善します。

事業者Rは買い取った売掛債権(診療報酬)を後日回収しなければなりませんが、診療報酬の売掛債権は国から回収できるため、貸し倒れの可能性は極めて低いです。

今回は、事業者Rが介護事業者Bが持つ診療報酬の売掛債権の買取資金として、さくらソーシャルレンディングを通じて2,500万円を調達します。

すでに第5次募集までで合計1,838万円の資金が集まっており、残り662万円を第6次募集、第7次募集で集める予定です。

事業者Rは、介護事業者Bから買い取った診療報酬の売掛債権を第三者に転売するか、もしくは国からの診療報酬回収後に介護事業者Bから資金を回収するかのどちらかの方法で返済原資を作ります。

今回の担保・保証は、

・上記で説明した診療報酬の売掛債権に対する譲渡担保
・事業者R社の株式に対する質権設定
・事業者Rの代表者1名、取締役1名の連帯保証

の3つとなります。

診療報酬の売掛債権は回収可能性が極めて高いため、万が一返済遅延が起きても貸し倒れになる可能性は低いと考えます。

募集金額が小さい案件ですが、利回りも6.5%とそこそこ高いので、個人的には良い案件だと判断します。

関連案件

アナリストの評価

  • 総合評価(総合的な評価)4.6
  • 信用リスク評価(貸付先の評価)4.0
  • 安全度評価(担保・保証の評価)4.7

AIによるスコアリング

  • 総合評価(総合的な評価)4.0
  • 信用リスク評価(貸付先の評価)3.3
  • 安全度評価(担保・保証の評価)3.3

みんなの評価

この案件の投資判断は?

地方創生を目指す九州の業者で高利回りの小規模案件が特徴。maneoマーケットのプラットフォームで運営。

このプロジェクトにコメントする

コメント数:0件

まだコメントがありません。

新着コメント一覧

絞り込み検索

運営会社
リセット
利回り
運用期間

100名以上が応募

終了間近の案件

ソーシャルレンディングの教科書

不具合を報告


ページトップヘ