国内事業者支援

【不動産担保付き】建売事業者支援第1弾 ローンファンド8号

達成率:100% 9人が応募
利回り 8.50%
運用期間 6ヶ月
募集額 505万円
出資額 20,000円 〜
募集期間 募集終了
担保 あり
保証 あり

アナリストによる評価レポート

以前、アップルバンクの建売事業者支援第1弾 ローンファンド(3次募集)について分析レポートを書いています。

この投資案件は、ソーシャルレンディングの中でも利回りが高く、個人的にも優良案件の一つとして考えています。

建売用の土地を仕入れ、その上に一軒家を建設して顧客に販売する「建売事業者AL」に対して、土地の取得資金を合計1億円融資する案件です。(最終的な融資額は2億円となる予定)

アップルバンクは、事業者ALに融資する総額1億円を、12回に分けてソーシャルレンディングで集めます。

今回担保となっているのは、事業者ALが保有する建売用に仕入れた土地で、その土地に対して第一順位の抵当権を設定しています。

土地面積は合計1158.57㎡(約350坪)あり、場所も東京、神奈川、埼玉の都心通勤圏となっているため、建売用の土地としては十分価値があると考えられます。

アップルバンクでは、担保となる土地の価値を5億3,000万円と見積もっています。

利回りが高く、また運用期間も6ヶ月の短期案件なので、積極的な投資を考えて良い案件だと思います。

合計融資額が2億円とのことなので、もしかすると今回の「建売事業者支援第1弾 ローンファンド」の募集が全て終了したら、次の新案件が募集されるかもしれません。

新しく募集されるかもしれない新案件は、今回の募集に対して返済が劣後しますから、利回りがさらに跳ね上がる可能性も考えられます。

この案件については、アナリストの「たけさん」が以前に、【不動産担保付き】建売事業者支援第1弾 ローンファンド5号の分析レポートを書いています。合わせてご覧ください。

関連案件

アナリストの評価

  • 総合評価(総合的な評価)4.7
  • 信用リスク評価(貸付先の評価)3.9
  • 安全度評価(担保・保証の評価)5.0

AIによるスコアリング

  • 総合評価(総合的な評価)5.0
  • 信用リスク評価(貸付先の評価)4.3
  • 安全度評価(担保・保証の評価)5.0

みんなの評価

この案件の投資判断は?

給与前払いシステム事業を営んでいる会社に投資する案件がある。新しいタイプのソーシャルレンディング業者。maneoマーケットが運営。

このプロジェクトにコメントする

コメント数:0件

まだコメントがありません。

新着コメント一覧

絞り込み検索

運営会社
リセット
利回り
運用期間

100名以上が応募

終了間近の案件

ソーシャルレンディングの教科書

不具合を報告


ページトップヘ