国内事業者支援

上場企業事業拡大支援ファンド32号

達成率:100% 344人が応募
利回り 6.3%
運用期間 6ヶ月
募集額 7,585万円
出資額 10,000円 〜
募集期間 募集終了
担保 あり
保証 あり

アナリストによる評価レポート

この案件の気になる点ですが、融資先のN社は担保を全く提供していないことです。株式譲渡担保設定も買収先の会社の株式でして、N社の株式ではないです。融資先がN社ですから、N社が倒産すれば株式は無価値で担保にならないから、N社の株は担保になりません。しかし買収先も連鎖倒産で無価値になるから、株式譲渡担保設定自体意味が無いでしょう。

ただ破綻時での保証として、代表者連帯保証があり、代表者の保有する資産なら融資額位払えますから、問題ないです。

注意すべき点は、M&Aならこんな短期間での返済は考えられないところです。企業買収の場合、多額の資金が必要ですから、自己資金だけでは足りず複数の金融機関から借りる必要があります。このときのローンも返済の優先順位が高い部分をシニアローンと言って、銀行側が受け持ち、返済順位が低い部分をメザニンローンと言って今回はクラウドバンクが受け持ちます。返済順位が高いほど貸出金利が低くなり、シニアローンは金利が低く、メザニンローンは金利が高いです

普通は金利が高い方から返済しますが、返済順位が高い方から返済ですから、クラウドバンク側の返済はずっと後になります。これだけ早く返済できるのは、買収に関して銀行が融資をしていないからでして、銀行はN社に融資をしていて、もうこれ以上貸せない状態だと思えます。この予想通りならN社の財務は悪いと考えていいでしょう。

もし銀行が融資に代表者連帯保証を取っていたら、この案件のリスクが高くなります。クラウドバンクがそのことを隠してる可能性も高く、安全に見えても大事なゼニを貸せる案件ではないということで、この案件の評価は星三つです。

☆☆☆

 

 

関連案件

AIによるスコアリング

  • 総合評価(総合的な評価)3.2
  • 信用リスク評価(貸付先の評価)4.1
  • 安全度評価(担保・保証の評価)3.2

みんなの評価

この案件の投資判断は?

太陽光発電・風力発電などの独自案件が豊富、累計運用総額100億円を突破し、業界でも信頼の高い業者。

このプロジェクトにコメントする

コメント数:0件

まだコメントがありません。

新着コメント一覧

絞り込み検索

運営会社
リセット
利回り
運用期間

100名以上が応募

終了間近の案件

ソーシャルレンディングの教科書

不具合を報告


ページトップヘ